美容外科を利用して美白・美肌を手に入れよう

太陽を浴びる

天敵を知る

まずは、美白・美肌を奪う天敵について知ることが重要です。

■紫外線
紫外線は、美白・美肌を維持するためにもっとも警戒すべき天敵といえます。
紫外線にはUV-A、UV-B、UV-Cの3種類があり、それぞれで肌に与える影響も異なっています。このうち、UV-Cは人体に致命的な悪影響を及ぼす危険性のあるものですが、オゾン層がカットしてくれるため、地表上にいる限り問題ありません。

UV-Aは、ほくろやシミを作る原因になってしまうものです。UV-Aは皮膚の奥深くまで入り込み、メラニン色素を作り出すメラノサイトと呼ばれる細胞を刺激します。メラニン色素が肌を紫外線から守ってくれているのですが、このメラニン色素が沈着してしまうと、ほくろやシミができてしまうのです。
一度沈着してしまったほくろやシミは、簡単には落とすことができません。美白・美肌にとっては最悪の問題です。
また、UV-Aは皮膚の深い部分まで到達し、肌質を保つために重要な役割を持つコラーゲンやエラスチン繊維を破壊してしまいます。

UV-BもUV-A同様に、ほくろやシミを作る原因となり、コラーゲンやエラスチンを破壊します。
さらに、UV-Bによって破壊された細胞が正常の範囲を逸脱して増殖する、すなわちがん細胞化する恐れもあるため、美容においてだけでなく健康においても、紫外線はなるべく避けるべきであることがわかります。

■日焼け
実は、日焼けと紫外線による肌へのダメージは、基本的には同じものです。日焼けをするのは、紫外線を受けた肌が傷つき、火傷を起こしてしまっているからなのです。
健康的な小麦色、と日焼けした肌のことを表現しますが、実はまったく健康からは程遠い状態であるのが日焼けです。
皮膚は紫外線の照射を受け続けると、肌は炎症を起こしてしまいます。ひどい場合には水ぶくれができることもあります。
紫外線によって肌が変色するだけでなく、実は細胞や遺伝子まで傷ついてしまっているため、非常に危険です。
傷ついた遺伝子は変性する危険性が高く、がんの原因になります。

■生活習慣の乱れ
紫外線は常に太陽から降り注いでいるもので、避けるにはそれ相応の工夫が必要です。しかしいずれにせよ、完全に避けることは極めて困難です。
とはいえ、わずかな紫外線を浴びただけでは、美白や美肌が損なわれることはありません。対策の方法次第では、充分に対処することが可能です。
生活習慣の乱れもまた、当人の工夫次第で対処することが可能です。
生活習慣が乱れると、新陳代謝の効率が悪くなったり、体内のホルモンバランスが変化してしまったりして、美白・美肌を損ねてしまう恐れがあります。
健全な生活習慣とは、栄養バランスの取れた食事、適度な運動、充分な睡眠時間です。これらを維持することが、美白・美肌を維持することにもつながります。
この他にも、定期的な排泄や水分補給、緊張状態の緩和など、様々な生活習慣が美白・美肌を支えています。
健康的な生活を送ることを心がけ、美白・美肌の維持に努めましょう。