美容外科を利用して美白・美肌を手に入れよう

サングラス

対策を知る

美白・美肌を脅かす天敵に対して、どのように対策をするのかを知ることも重要です。

■紫外線への対策
まったく工夫することなく紫外線を避けることは困難です。曇っていて太陽光が見えないときでも、紫外線は降り注いでいます。
そのため、紫外線を避けるためには、UV加工された日傘や帽子、UVカットクリームを塗るなどの工夫が必要です。
これらを利用して、浴びる紫外線の量をできる限り少なくすることが、美白・美肌を守る上では欠かせません。
さらに、もっとも紫外線の照射量が多くなると言われる午前10時から午後2時までの間は、できるだけ外出を減らすことも有効です。
また、できるだけ濃い色のものを着用したほうが肌まで紫外線が届きにくくなります。

■日焼けへの対策
日焼けへの対策も、基本的には紫外線への対策と同様です。UVカット効果のある日傘、帽子、日焼け止めクリームなどを利用しましょう。
ちなみに、日陰にいれば日焼けをしない、というのは誤りです。紫外線は地表に届くと乱反射するため、日向にいれば直射をある程度防ぐことはできますが反射した紫外線までは防げません。
衣類も濃い色のものを身につけ、長袖を着用するようにすればある程度は日焼けを防ぐことができるでしょう。もちろん、日焼けサロンに通ったり、夏のビーチで肌を焼くような真似は慎むようにしましょう。

■生活習慣の乱れへの対策
生活習慣の乱れを是正するには、本人の努力が欠かせません。
栄養バランスの取れた食事は、通常の食事では取れない栄養をサプリメントや栄養ドリンクなどの併用で補うことが有効です。手間なく摂取できるサプリメントや栄養ドリンクであれば、継続もしやすいでしょう。栄養バランスの取れた食事は、一度取れば良いというものではなく継続して摂取することが重要なので、続けやすさも重視して方法を選びましょう。
適度な運動は、人によっては継続が困難であるという人もいるでしょう。常に車や電車で通勤し、オフィス仕事をして家に帰るだけ、というような生活を行っている人には、なかなか適度な運動を続けることは難しいものです。その場合、少し早起きをして早朝にランニングをしたり、休日にスポーツジムに通ってみましょう。もちろんこれも、継続が重要です。運動中は好きな音楽を聞いたり、ダイエットとあわせて具体的な目標を持つなど、モチベーションの維持に努めましょう。
充分な睡眠時間の確保もまた、人によっては実現の難しいものです。仕事が終わって帰宅したら、もう日付が変わっているという人も多いでしょう。人の平均的な睡眠時間は、およそ6時間から8時間が健全であると言われています。これは一日平均であって、休日に寝溜めをすれば良いというものではありません。どうしても睡眠時間を確保できないという場合は、できるだけ睡眠の質を向上するために、寝具に工夫するなどの工夫を行ってみましょう。